Welcome to my homepage

コンタクトのトラブル体験

長期間・長時間の装用

つけたまま寝てしまう


コンタクトレンズを付けたまま寝ると片目が開かず二重が一重に…


30代 女性 peaさんの コンタクトレンズ トラブル 体験談

コンタクトを付けたまま寝てしまってはダメなことはわかっていました。

残業明けしかし毎日毎日残業で夜遅くに帰宅し、疲れて果てて、着替えもせずにそのままベッドへ直行バタンキューしてしまうことが何日も続いたことがありました。

明け方に目が覚め、慌ててコンタクトレンズを外し、小一時間ほど洗浄液につけるだけの日々。

「これじゃダメだ」とわかってはいたものの、実害もなかったのでつい続けてしまっていました。

そんなある日、朝起きるとなんと片目が開きません。

おそるおそる鏡をみると、二重が一重になり、異常に腫れ、怪談の「おいわさん」状態に…。

あわてて眼科にいくと「雑菌がはいって【もののらい】になった」とのこと。

目薬を商法してもらいましたが、「治るまでコンタクトを付けることはもちろん、アイメイクも目の刺激になるのでダメ!
という羽目に…。

仕方がないので、腫れた片目を眼帯をしてもらって、もう片方の目だけで生活を送っていました。

眼帯姿はもちろん異様で目立ち、会社の人にも「その目どうしたの!?」と聞かれまくり。

「コンタクト外さないで寝て病気になった」なんて恥ずかしくて言えず、「ちょっと・・・」と言って誤魔化していました…。

こんなことにならないためにも、コンタクトはしっかりはずしましょう!



▲pagetop